ちま夫のブログ

ちま夫のブログ

峠を超えたIT屋のおじさんです。IT関係、節約関係など気まぐれに書いてみたいと思います。

Symantec Endpoint Protection WSSトラフィックリダイレクトの設定(WTR)

f:id:chima_chimao:20181023124513j:plain

 

こんばんわ、ちま夫です。


先日SEPを「14.0.1.2 (14 RU1 MP2)」から「14.2.0.1(14.2 MP1)」にバージョンアップしました。どうやらSEP14.2からWSSトラフィックリダイレクトの設定がSEP-Mで集中管理できるように変更されたようなので記載します。

 

 

まず、以前の記事をリンクしておきますね。

この時はWSSトラフィックリダイレクト設定は、クライアント側の管理画面に存在しました。

chima-chimao.hatenablog.com

 

 

SEPのバージョン

 

本記事のSEPバージョンは「14.2.0.1(14.2 MP1)」です。

 

 

SEPクライアント管理画面からWTRタブが消えていた

 

SEP14.0.1の時に存在していた、SEPクライアント管理画面の「WTR(T)」タブが無くなっていました。この設定はどこにいってしまったのでしょうか?

f:id:chima_chimao:20181023123509j:plain

 

 

シマンテック テクニカルサポートページからの抜粋

 

SEP14.0.1の環境が手元に無いので、現物で確認できませんが、Symantecサポートを参照すると、SEP14.2からWSSトラフィックリダイレクト(WTR)設定はSEP-Mで管理できるようになったようです。

 

SEP14.0.1/14.1の時はWSSに関しての項目が見当たりません。

引用元:Symantec Endpoint Protection 14.0.1.x/14.1 インストールガイドおよび管理者ガイド

 

 

SEP14.2からWSSに関して項目が追加されています

 

24. 統合の管理

Symantec Endpoint Protection の例外の統合

WSS トラフィックリダイレクトの設定

引用元:Symantec Endpoint Protection 14.2 インストールガイドおよび管理者ガイド

 

 

SEP-M画面


SEP-M画面の「ポリシー」を見ると「統合」が増えていました。
この中に「統合ポリシー」があり、それを編集してみると、WSSトラフィックリダイレクト設定項目がありました。

f:id:chima_chimao:20181023123434j:plain

  

f:id:chima_chimao:20181023123447j:plain

 

 

 

 なにか問題があったのでしょうか。できればSEP14.0.1の時からSEP-Mで管理できるようにしておいてほしかったですね。。。