ちま夫のブログ

ちま夫のブログ

峠を超えたIT屋のおじさんです。IT関係、節約関係など気まぐれに書いてみたいと思います。

SEPクライアント 新規インストールパッケージの準備

f:id:chima_chimao:20181016114156j:plain

 

こんばんわ、ちま夫です。

 

chima-chimao.hatenablog.com

 

前回の「Symantec Endpoint Protection(SEP)のバージョンアップ」からの続きを書きますね。

今回は「SEPクライアント 新規インストールパッケージの準備」です。

各ユーザー自身が、初めてSEPクライアントをインストールする時に使用するものになります。

 

SEPサーバー バージョンアップ工程概要

全体工程概要のおさらいです。

ザックリな工程はこんな感じになります。

 1.Ver14.2MP1の入手
 2.SEPデータベースのバックアップ
 3.SEPサーバーバージョンアップ
 4.SEPクライアントの自動アップグレード準備
 5.SEPクライアント 新規インストールパッケージの準備

 

 

Symantec テクニカルサポートからの抜粋

 

[クライアント配備ウィザード]の[パッケージの保存]を使った場合に利用できないオプションが必要な場合は、クライアントインストールパッケージをエクスポートすると便利です。

引用元:クライアントインストールパッケージのエクスポート

 

 

 

クライアントインストールパッケージのエクスポート手順

 

Symantec Endpoint Protection Manager (SEPM) コンソールで操作します。

 

[1]
「管理」を選択
「インストールパッケージ」を選択
エクスポートしたいパッケージを右クリックして「エクスポート」を選択
右クリックでメニュー表示させて「追加」を選択

f:id:chima_chimao:20181016104012j:plain

 


[2]
「エクスポートフォルダ」を指定
どのグループのポリシーと組み合わせエクスポートするかを選択

f:id:chima_chimao:20181016104024j:plain

 

[3]
パッケージのエクスポート完了です。

f:id:chima_chimao:20181016104034j:plain


[4]
指定したエクスポートフォルダにパッケージが保存されていますので、これをイントラなどで公開します。

f:id:chima_chimao:20181016104044j:plain

 

 

[5]

これでインストールパッケージのエクスポートは完了です。

比較的短時間で作業完了します。

同じ手順で32bit Windows版やMac版などをエクスポートして準備してください。