ちま夫のブログ

ちま夫のブログ

峠を超えたIT屋のおじさんです。IT関係、節約関係など気まぐれに書いてみたいと思います。

Symantec Endpoint Protection OSごとの合計台数確認方法

 f:id:chima_chimao:20180906105351j:plain

 

こんばんわ、ちま夫です。

 

Windows7の延長サポートが2020年1月14日に終了してしまいますね。

予算計画の関係上、Windows7は何台位稼働しているんだろうと言う話題になり、調査方法を模索していたら、Symantec Endpoint Protection Manager(集中管理型)から抽出できることが分かったので、備忘録として記載します。

 

※環境はSEP14です

 

抽出方法


Symantec Endpoint Protection Managerのレポート機能を使用します。

手順は下記参照。

 

SEPクライアントインベントリについて


SEPクライアントが自動収集するクライアントインベントリ情報には

 ・コンピュータ情報(CPU、Memory、など)

 ・オペレーティングシステム情報(OS、コンピュータ名、など)

 ・ネットワーク情報(IP、mac-address、など)

 ・SEPクライアント情報(バージョン、ウィルス定義、など)

と、カスタムで手動入力する

 ・ユーザ情報(氏名、電子メール、部署、など)

があります。


この中のオペレーティングシステム情報を使用して、OSごとの台数を抽出します。

 

希望する抽出結果


自分の希望としては、こんな感じに抽出できたら嬉しいなと思っています。

Windows7:50台

・Windows10:80台

MacOS:5台

 

抽出方法(レポートの作成方法)


1.SEPMコンソールにログイン。

2.レポートをクリック。

3.クリックレポートタブをクリック。

  レポートの種類:コンピュータの状態

  レポートの選択:クライアントインベントリ

  保存したフィルタを使う:デフォルト

  時間範囲:xxx

4.レポートの作成ボタンをクリック。

 

 

f:id:chima_chimao:20180830133808j:plain

 

f:id:chima_chimao:20180830133820j:plain

 

こんな感じでOSごとの台数合計が表示されました。

f:id:chima_chimao:20180830133830j:plain